気ままに日記を書いたり写真を載せたり――、どうぞごゆるりと。

柳の下で雨宿り

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

新潟、越後湯沢いってきます!!
雪たのしみだぜっ!!
スポンサーサイト
  1. 日々の雨宿り
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]



私の大好きな、というか唯一新作を期待しているボカロPのnikiさん。
その方の新作“Close to you”
相変わらずのLilyの神調教、そして相変わらずの心へ語りかける曲調、歌詞。
枯れかけた花に水が巡るように、乾いた土に雨が染み込んでいくように、疲弊し、摩耗した自分の奥底へとスッと落ちていく音。
本当に素晴らしいです。

この曲もcilliaさんはカバーするのかな?
するとしたらリツ? それともテト?
いずれにせよ楽しみだなぁ。

  1. 動画を見よう、音楽を聞こう
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

だーいぶ昔に罹った…ような気がする、もはや記憶も曖昧といった感じですが、インフルエンザに罹りました…w
先ほど鼻粘膜の拭い検査でA陽性判定を頂き、めでたく感染源へ。
本人的にはもう峠を越している気でいるので元気なほうなのですけどねぇ……。
一緒に広島にいった友達もインフル罹ったみたいなので、なるほど、二人とも広島でもらってきたんだな!
そんなわけで、約二十年ぶりくらいのインフルエンザを堪能したいと思います!w

ちなみに一緒に旅行にいった、なおかつ一緒に暮らしているお隣さんは陰性判定。

なんでだ……?
  1. 日々の雨宿り
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

18,19日と広島は宮島、そして呉にいってきました!
例の如く日記は後日、写真をまとめてからですー!

IMG_0030.jpg
  1. 日々の雨宿り
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

ちょっと思うところがあって一日考えてました。
もっと他の人の立場に立って、心の内を考えて言動に移さないとだめだな…。
自分勝手は誰も幸せにはならない。

昨日と今日とで終わらせた写真の現像だって、約一カ月の間手を触れなかった。
ちょっと量はあったけれど、始めてしまえば二日で終わるようなことを、先延ばし先延ばしを繰り返して逃げていた。
相手は笑顔で、全然気にしてないよ、大丈夫だよ、と言ってくれて、本当にそう思ってくれているのかもしれないけど、それに甘えてだらだらと自分の好きなことだけをやって、大事なことを後回しにしてしまうのは子供と同じだと痛感した。
キメるときはキメる、抜くときは抜く、そうじゃなきゃ大人じゃないし、何よりかっこわるい。
かっこよく生きるために、もっと考える力をつけないといけないな。
  1. 日々の雨宿り
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

誰にでもある誕生日。
軍艦では竣工日がこれにあたるかと思います。
艦これのスレで、自分の誕生日と一緒の軍艦はあるかどうか、という記事がありました。
ふむ、気になるね。
そういうわけで調べてみたんですけど、

・扶桑
・山城
・瑞鳳
・瑞鶴
・千歳
・千代田
・鳥海
・最上
・鈴谷
・筑摩
・多摩
・北上
・由良
・満潮

・野分
・秋月
・山雲
・朝雲
・初月
  ※改行後の艦は艦これ未実装艦です


うおおおおおおおおお、めっちゃ多いぜ!! うれしいぜ!!!
でも多すぎじゃね!? なんかおかしくね!? うれしいけどなんかおかしくね!?
と思ってよくよく見てみたら、“除籍・沈没”の欄だった……。
そしてよくよく調べてみたら、レイテ沖海戦でした……orz
そりゃこれくらい沈んでるよ……。
8割方が同じ年、同じ月、同じ日に竣工されるわけないよ……。

私の誕生日は英霊たちの命日でもあった、というわけですね……。


ちなみに私の誕生日の日に竣工された艦が一隻だけありました。
“呂号第25”


だれ……?


と思ってこちらも調べてみました。
特に目立った戦歴等はありませんでしたが、艦長を務めていた佐藤寅治郎氏。
この方はなんと、あの華の第二水雷戦隊といわれる超精鋭部隊の旗艦、神通の最後の艦長であり、また神通の名を世界に轟かせ、戦後約70年経った今なお称賛を浴びるソロモン諸島コロンバンガラ島沖海戦での雄姿と共に散っていった英雄です。
そして驚くべきことに、佐藤氏の本籍は……山形。

…………マジ?

いや、呂号の艦長といっても他の艦との兼任でもあったし、期間もそう長くはなかったけれど、まさかあの神通と繋がる人で、さらに私の故郷山形の出の人だったとは……。
たまたま、と言い切るには、日本帝国海軍に所属していた人の数、そこから艦長を務めるまでに実力をつけた人の数、また建造され進水していった軍艦の数、そこから武勲艦といわれるまでに戦果をあげ活躍した艦の数……いやいやまてまて、そもそも誕生日が一緒という時点で―――
どれをとってもあまりに多く、そしてあまりに少ないと思うんです……。
なんというか、不思議なこともあるんですね……。


みなさんも自分と同じ誕生日の艦むすを見つけてみませんか?
気になる方はこちらを参考にどうぞ!
http://homepage1.nifty.com/kitabatake/rikukaigun53.html
  1. 艦これ
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

ふと思い出したかのようにあまり聞かないラブライブの曲に耳を傾けてみました。
いい曲多くて改めてびっくり。

『No brand girls』



≪ 壁は Hi Hi Hi 壊せるものさ Hi Hi Hi 倒せるものさ
自分からもっとチカラを出してよ
Hi Hi Hi 壊せるものさ Hi Hi Hi 倒せるものさ
勇気で未来を見せて ※そうだよ覚悟はできた
(Oh yeah! Oh yeah! Oh yeah! うん負けないから!) ≫

  ※一番では歌われない。動画は挿入歌verなので歌われている(んだと思う…)

サビの部分の抜き出しですけど、ホントいいですよね。
小さい自分、暗い自分、動けない自分、弱い自分。
そんな、自分でも嫌いな自分を壊していけ、前進するんだ、怖がってちゃ何も始まらないし得られない。
きっとそういうことを伝えたい歌なんだと思います。
また、別の視点からみると、タイトルの“no brand”
brandとは商標のことです。
商標とは簡単にいえば「あ、このマークはあそこの品物だな」と容易にわかる目印のようなもの、まぁロゴってことですね。
それを人間に置きかえると、商標(マーク、ロゴ)=個人を容易に想像、断定できるもの=肩書や趣味、体型、個性となり他にもいろいろあるかと思います。
そしてタイトルにある“no”とは否定の言葉。
つまり、
「肩書や個性なんてものはないんだ。どの人だって一緒で同じ、気にすることなんてないんだ」という解釈もできるのではないでしょうか。
さらに、
「自分が自分自身に思っている“自分である”という固定概念に近い“brand”を打ち砕くんだ」という解釈。
これは、「自分はこれしかできない、これ以上は無理だ、という自分自身が思い込んでいる限界点、それを超えてもっともっと高みへ、あるいは他の世界へと進んでいけ」ということで、そういった捉え方もできると思います。
ちょっとややこしくて哲学的になってしまいましたが、要は“限界なんて蹴っ飛ばしてどんどん突き進んじゃえ!”ということですね。

まぁ上の考えはあくまで私が感じたことで、いわば妄想です。
人それぞれ感性は異なり、私とは違った感じ方をする方もいらっしゃるでしょう。
ただ、そこで他者の意見を頭ごなしに否定するのはナンセンス。
まさに“no brand”ですよ。










言い忘れてた。
この曲ダンスがすごくかわいい
くるくる回るのちょーかわいい
  1. アニメ・二次元関連です
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

姉夫婦からのお誘いで十数年ぶりにスケートにいってきました!w
場所は六本木。
最初こそ進むたびにこけそうになったり他の人とぶつかりそうになったりしてましたけど、大体三時間くらいですかね、それくらいにはあぶなっかしさはなくなり、滑るくらいならわけなくできるくらいに!
でも体勢は始めた時のままのへっぴり腰…w
一つ残念なことを言うと、リンク自体そんなに広くないのに、人がかなり集まっていたことですかねぇ。
外国の若い人たちがバカ騒ぎしたり、わざと人の間隙を縫って高速滑走していく子供とかもいてホント危なかった…。

その後は有楽町に移動しA16というお店で夕食。
イタリアンな感じでマルゲリータとミートボールをみんなでシェア。
ボトルのほうが安いよねー、ってことで赤ワインのボトルをあけました。
赤ワイン、まだおいしさがわかりません…。
どちらかというと悪酔いする系なのであまり飲めませんでした…。
A16は一,二品で切り上げ、日比谷バーへいくことに。
そこへ行く途中、ん? なんかみたことのある風景……。
「あっ!」
っと声をあげた先には一保堂の明かりが!
いつか教えたいなぁと思ってたので、これ幸いと半ば強引に一保堂へ突入。
お茶をするには時間がギリギリすぎてだめでしたが、せめてもと思い大福茶をプレゼントしました。
もちろん我が家にも買いましたけどねw

日比谷バーはウィスキーのお店。
様々なウィスキーが置いてあり、店内も暗くシックな雰囲気。
私はウィスキーは好きというわけではありませんが、チョコレートと一緒に飲むとほんのりと甘くなりおいしくなるんです! これは意外とイケますよー!w
あとここは燻製がとてもおいしく、生サーモンの燻製、べッたら漬けの燻製、ハンバーグの燻製なんてのもだしていて、どれもおいしい、お酒に合う!!
ちょっと大人な雰囲気を体験したあと帰路へ。
家に着いたのは日をまたいでいましたけど、久々のスケートとお酒で大満足でした!
  1. 旅行とかお出かけとか
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]




落ち込んだ時とかによく見てますw
このてんやわんや、馬鹿騒ぎを見てるとなぜか元気でますねーwwww
実は曲も結構いいこと歌ってるんですよ!
  1. 動画を見よう、音楽を聞こう
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

皆様、あけましておめでとうございます。
今年もわさわさ騒いで駆け抜けていくつもりなので、何卒よろしくお願い致します。
ではさっそく記事をかきかき。


○眼鏡
前からほしかったブルーライトを抑える眼鏡、いわゆるPC眼鏡。
そもそもブルーライトとは、
「可視光線の中で最もエネルギーが強く、眼の奥の網膜にまで届いてしまう青色光のこと。
LEDディスプレイの普及により接触する機会が増え、体内時計を狂わせたり、眼に与える影響が懸念されています」
だそうです! まぁ大変!
そんなわけで、最近いったららぽの眼鏡屋さんで購入しちゃいました!
DPP_9.jpg
なぞ解きはディナーの後で、とかなんとかいうようわからんやつのコラボらしいですが、私に似合ってるそうなのでこれにしました。
ブルーライトを抑えるために黄色い色のついたレンズがはいっている眼鏡なので、若干世界が黄色になりますが、最近はかけ慣れたし、そこまで気になるものでもなくなりました。
本当はもう度をいれないとダメなくらい目が悪いみたいですけど、まぁ度付きは今度でいいや!
そして友人が丸眼鏡買ってたけどすごい似合ってたw

○友達の友達
大晦日に突如、「今声優の友達がきてるんだけど時間空いてる?」という電話。
空いておりますともbb
20時くらいに最寄駅で待ち合わせして、たまたま開いていたカフェへ。
うわー! うわー! 声優さんだー!!
という具合に、初めての声優さんとの会話で興奮しっぱなしでした……w
以前からお話は伺っていましたが、テラいい声のイケボ、そしてすごい優しく感じ!
うーん、惚れちゃうねぇ…。
いろいろお話して一番思ったことは、声優界というのは想像していた以上に過酷で競争率の激しい世界だということですね…。
いつでもどこでも競争しあって役を取り合う、戦国時代をそのままもってきたかのような熾烈な世界。
そんな世界でしっかりと役を、しかもちゃんとしたネームキャラを勝ち取ったご友人は本当にすごいと思います。
また舞台もやってらっしゃるそうですが、そこでもかなり魅せどころのある役をされたようで、やはり才能というのはあるんだな、と感心してしまいました。
ご友人のこれからのご活躍を心よりお祈りしております!

○部屋
お隣さんが「床があもりにも冷たいでしょう?」とメイン盾風に仰られたのでついにカーペット購入したのだがタイル式のカーペットでアイボリーと赤レンガ色をモザイク状に敷き詰めた床はまさに光と闇が両方そなわり最強に見える。
さらに床からくる冷気も抑え暖房効果も加速して部屋自体がぬくめるのは確定的に明らか。
台所マットも新調して爽やかなライムグリーンを基調とした中にオレンジとレモンが描かれてある一品でこじゃれた感を漂わせる一品だから「マットいいですね」と言ったら「それほどでもない」と言われた。
3年の間台所からこぼれ落ちる野菜や油はねを受け止めてくれたミクさんマットに今までありがとうございましたと感謝の年をあらわ差うのは何もはずかしくないな(正論)

○弟さん
お隣さんの弟夫婦が来ました。
二人の娘さんはまだちっちゃくて、声をかけたりしても恥ずかしいのか、ふいっとそっぽを向かれてしまいちょっとショック…w
でも初めてみるフェレットたちに大興奮!
きゃーきゃー騒いでたのがとてもかわいかったです!
私は甥っ子や姪っ子、そもそも親戚、家族以外の血縁関係者との関わりがほぼ皆無だった人間なので、弟夫妻やお子さんへの対応もよくわからなかったわけで…。
何か粗相をしてないといいけど…。
はー、年明け早々緊張しました…^^;
ちなみにリアルロリ属性は1ミリ1パーセントもまっっっったくないので悪しからず。

○マビノギ
ちょろちょろインしてます。
何をするわけでもなく、お隣さんのクエや修練を手伝ったり。
以前よりも断然活気のない今のエリンは寂しくもあり過ごしやすくもあり複雑…。
でも昔の仲間は全員ほぼオフラインで、ダンジョンやだべりもできないのはホント残念だしつまらないですよね…。
まぁ活気のあるあのエリンに戻ることはまずないでしょうけど、それでもあの世界が好きで、ついつい入っちゃいますよねー…w
運営の度重なる集金イベやアイテムの売り方、それに輪をかけた今回の英雄スキルの取得や運用事情にはマジで反吐がでますけどね。
  1. 日々の雨宿り
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。