気ままに日記を書いたり写真を載せたり――、どうぞごゆるりと。

柳の下で雨宿り

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

前日深夜、急に「あ、写真撮りにいこう」と思い立ったわけで。
行き当たりばったりでいいかなーと思ったけれど、そんなに遠くまでいかずに撮れるところを探したわけで。
その結果、検見川神社と稲毛公園にいってきました!
さーっと貼っていきますよー!

IMG_0008_20150212004601cad.jpg
検見川神社、そこの奥にひっそりと並んでいるお狐様や大黒様。
通勤途中いつも目に入ってて、行ってみたかったんですよねー。

IMG_0018_2015021200460113b.jpg
俯瞰視点。かなり上から撮ってるのでピントやF値設定できなかった…。
やっぱりバリアングルのにしたいなぁ。

IMG_0019_201502120046009cf.jpg
同じく検見川神社。
人がいるところはそこそこ活気があるというか、明るい感じなんですが…。
少し奥にいくと人がまったくいなくて、お狐様とか他の社がなんか寂しそうでした…。

IMG_0039.jpg
続いて稲毛公園。京成稲毛から歩いて5分くらいで着いちゃうひろーい公園です。
ボール遊びをする親子や散歩をしている老夫婦などちらほら人がいました。

IMG_0027_20150212004600460.jpg
生えている樹のほとんどが松でした。

IMG_0037_20150212004559968.jpg
黄金に佇むまつぼっくりさま。

IMG_1422.jpg
iphoneの機能の一つ、パノラマ写真撮影。
エセ魚眼写真が撮れる…?w

DPP_857.jpg


IMG_0047_201502120056071ad.jpg
公園内は舗装された道がありますが、私はあえてそこを通らず道なき道をゆったりまったり。
立ち止まると鳥たちの囀りや餌を探して歩く音だけが響いていました。

IMG_0069_201502120056076ea.jpg
奥のほうには浅間神社が。
チラッと見ただけだけど、ダンボー使って写真撮ってる、それなりの格好の人がいてちょっと草。

IMG_0075_201502120056062b0.jpg
夕暮れ。


最後のほうは例のエラーでシャッターが切れなくなり、無理ない程度で切り上げ帰宅。
久々のカメラ散歩だったけど満足のいく写真が撮れたかな!
あと稲毛公園は着物とかの撮影に使えそうでした!w
スポンサーサイト
  1. 旅行とかお出かけとか
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

写真自体はできてたんですけど、まだあげてなかったものがありました。
去年12月に開催された八千代キャンドルナイトの写真ですー。
だだっと貼るよ!

DPP_676.jpg
今回のイベントでは一般の方が書いたイラスト付き紙袋を使わせて頂きました。

DPP_682.jpg

DPP_687.jpg
主催者の御子息。
小学6年生とは思えない働きっぷり、そして対応力。

DPP_718.jpg
夜に催されるミニライブの準備。

DPP_751.jpg
スタッフみんなでキャンドルに点灯。
結構重労働でした…。

DPP_776.jpg
レッツキャンドルナイト!!
灯された炎は優しく揺らめいていました。

DPP_784.jpg
ぱっとみるとキャンドルが多くないように見えますが、総数1000を超える炎が参加者を魅了しました。

DPP_777.jpg

DPP_782.jpg


IMG_0181.jpg
昔懐かしの七輪。

IMG_0212.jpg
フォトコンテストも開催され、私もエントリーしたものの惜しくも入賞ならず…。
まだまだ腕が足りない証拠!!


会場の真ん中にタワー状に積まれた木材が置かれ、そこにもキャンドルを灯したのですが、いい写真がなかったため割愛させて頂きます…。


初の試みとなった八千代キャンドルナイト。
結果は大成功に終わり、スタッフ一同ほっと胸をなでおろしました。
準備の段階でもう楽しくて、この全てに火がともるんだと思うと楽しみで、ひたすらシャッターを切っていましたw
今年も絶対参加したいイベントの一つですねー!


DPP_685.jpg
そうそう!
こちらのスイーツ&コーヒーショップ“はらぺこ堂”さん!
人柄もめっちゃ良くて、食べ物もすんごいおいしかった!
見かけたら絶対食べるべき!!

  1. 旅行とかお出かけとか
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。