気ままに日記を書いたり写真を載せたり――、どうぞごゆるりと。

柳の下で雨宿り

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

ね。
三が日に書くにしてはタイトルがあまりにも旬が過ぎてますよね。
まぁそういうのまったく気にしない性質なのでご容赦を……。


さてさて、去年のことですが、みなさんはどうのような年だったでしょうか。
総理大臣も変わり、トクアの方々とのお付き合いも変わっていく中、私自身もだいぶ変わったように思います。

~旅~
ずーっとしてみたかったけれど、お金や時間、その他いろいろなしがらみで断念していた人生初めての友人たちとの旅行、これが一番大きな変化、自分の中での革命的なことだったと思います。
「ああ、お金どうしよう…」「ああ、母や姉を差し置いていっていいのかな…」
以前の私ならそういう考えに捉われてまずいくことはなかったでしょう……。
それを振り切ってめいっぱい遊べたのは大きな進歩かな!
IMG_0158 - コピー

諏訪旅行の後もいろいろなところに行きました。
小さな歩幅から大きな歩幅まで、本当にいろいろ。
DSC_0725.jpg

IMG_0092.jpg

IMG_0031.jpg

IMG_0047_20130928025236ed0.jpg

IMG_0016_20130916214847f27.jpg

IMG_0048_20130910212755c2c.jpg

RIMG2944.jpg

IMG_0047_20131005045140419.jpg

IMG_0015_20140102222532797.jpg

DPP_0007_20131104024306e6e.jpg

DPP_0309_201311252020382d7.jpg

DPP_0302_2013121521492249d.jpg

自分でもびっくりするくらいいろんなところに足跡を残してきたなぁw
どこかへ出かける、遠くへ、自分の知らない土を踏みしめるということは、今までの自分の限界を超える、限界を広げることだと思います。
違う匂いを、手触りを、味を、風景を、音を、五感すべてを使って受信して、脳みそに刻み込む。
そうやって自分自身を拡張していくことが大事かなと。
来年もそうやって自分に拡張パックをつけていきたいですねーw


~出会い~
daibeamさんと出会ったのも大きな影響を受けましたね。
引っ越しを考えていろんな不動産屋を訪ね、なかなかいい物件が見つからず、見つけたと思ったらその不動産屋の対応が最悪でイヤになって……。
そんなときにふと目に入った“不動産&雑貨屋 daibeam”
それから家を見つけてもらって、エアストリームを紹介されて、夏祭りではお店の前で騒いで、お鍋忘年会をして、そしてそこに集まる方々とたくさん話をして。
IMG_0248.jpg

とにかく情報のデパート、情熱の塊みたいな場所でした。
daibeamファミリーの方々は夢を背負って歩み進めている人ばかりで、自分は普通の人間で、普通のサラリーマンで、普通に夢を持っていて、普通に諦めていて、でもすごく憧れている。
自分がいていい場所なのか、何も影響を与えていないけれどいいのかどうか、今でもよくわからず迷う時もありますが、逆にその人たちから何かを学んで吸収してやろうと思い、自分なりに突っ込んでいった、と言えばかっこいいですけど、いつだってdaibeamさんからのお誘いに乗っからせてもらっていただけでしたね……w
そんな自分をあたたかく、楽しく迎え入れてくださったdaibeamファミリーに感謝! ありがとうございました!
IMG_0069_20130829223355607.jpg

ああ、daibeamさんと出会うきっかけになったそもそもは引っ越しでしたね^^;
今の家に出会えたこともよかったと思います。
よくあの狭い1kに二人+3にょろがおさまっていたなと、ある意味で感動しましたw
友人が来た時にはさらに2~3人増えたわけですから、これは前のアパートの密かなキャパシティを褒めるべきなのか、人間の柔軟性(肉体的にも思考的にも)を讃えるべきなのか…w
でもやはり部屋が広いと生活や心にも余裕が生まれますね。
これを買ってもまだ置けるな、という安心感がいいです。
そういっていらないものも買っちゃってるんですけど…w
葉っぱのすりガラスもかわいいし、スペースも申し分ないし、隙間風がちょっと気になるけれど満足してますw


~友人~
何かをするきっかけはいつだって友人たちの言葉でした。
「大洗でイベントがあるからいこう」「舞鶴に写真撮りにいきませんか?」「着物が合う場所ないかなぁ」
その一言があったからこそ、私は様々な経験、様々な知識を得ることができたといっても過言ではありません。
車の免許を持っていない私たちを誘って、家の車で大洗や九十九里まで走ってくれた友人。
お金がキツイからまた今度で、といったら、躊躇せずに電車の切符代を払ってくれた友人。
そんな友人たちと同じ時間と感動を共有できたことに例えようのない喜びを感じています。
本当に、本当にありがとうございました。


数々の出会いと、色とりどりの風景で満たされた2013年。
私は悔いのない一年を過ごせたと断言できます。
そして今年、2014年。
まっしろなキャンパスに色をつけていくのは自分自身です。
思うような色合いにならないときもあるけれど、それも一興。
それだって振り返ればきっといい味になるはず。
恐れずにチャレンジ! フォローよろしく! 多彩な色でガッツリ染め上げていくぜ!
今年もよろしくお願いします!!w
スポンサーサイト

  1. 日々の雨宿り
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。