気ままに日記を書いたり写真を載せたり――、どうぞごゆるりと。

柳の下で雨宿り

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

誰にでもある誕生日。
軍艦では竣工日がこれにあたるかと思います。
艦これのスレで、自分の誕生日と一緒の軍艦はあるかどうか、という記事がありました。
ふむ、気になるね。
そういうわけで調べてみたんですけど、

・扶桑
・山城
・瑞鳳
・瑞鶴
・千歳
・千代田
・鳥海
・最上
・鈴谷
・筑摩
・多摩
・北上
・由良
・満潮

・野分
・秋月
・山雲
・朝雲
・初月
  ※改行後の艦は艦これ未実装艦です


うおおおおおおおおお、めっちゃ多いぜ!! うれしいぜ!!!
でも多すぎじゃね!? なんかおかしくね!? うれしいけどなんかおかしくね!?
と思ってよくよく見てみたら、“除籍・沈没”の欄だった……。
そしてよくよく調べてみたら、レイテ沖海戦でした……orz
そりゃこれくらい沈んでるよ……。
8割方が同じ年、同じ月、同じ日に竣工されるわけないよ……。

私の誕生日は英霊たちの命日でもあった、というわけですね……。


ちなみに私の誕生日の日に竣工された艦が一隻だけありました。
“呂号第25”


だれ……?


と思ってこちらも調べてみました。
特に目立った戦歴等はありませんでしたが、艦長を務めていた佐藤寅治郎氏。
この方はなんと、あの華の第二水雷戦隊といわれる超精鋭部隊の旗艦、神通の最後の艦長であり、また神通の名を世界に轟かせ、戦後約70年経った今なお称賛を浴びるソロモン諸島コロンバンガラ島沖海戦での雄姿と共に散っていった英雄です。
そして驚くべきことに、佐藤氏の本籍は……山形。

…………マジ?

いや、呂号の艦長といっても他の艦との兼任でもあったし、期間もそう長くはなかったけれど、まさかあの神通と繋がる人で、さらに私の故郷山形の出の人だったとは……。
たまたま、と言い切るには、日本帝国海軍に所属していた人の数、そこから艦長を務めるまでに実力をつけた人の数、また建造され進水していった軍艦の数、そこから武勲艦といわれるまでに戦果をあげ活躍した艦の数……いやいやまてまて、そもそも誕生日が一緒という時点で―――
どれをとってもあまりに多く、そしてあまりに少ないと思うんです……。
なんというか、不思議なこともあるんですね……。


みなさんも自分と同じ誕生日の艦むすを見つけてみませんか?
気になる方はこちらを参考にどうぞ!
http://homepage1.nifty.com/kitabatake/rikukaigun53.html
スポンサーサイト

  1. 艦これ
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。