気ままに日記を書いたり写真を載せたり――、どうぞごゆるりと。

柳の下で雨宿り

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

2月1日に姉夫婦と一緒に新潟、越後湯沢駅から無料のシャトルバスで約10分のところにある、湯沢パークスキ―場へいってきましたー!
ここは湯沢パークリゾートという、ホテル施設も隣接しているところです。
もちろん温泉もあり宿泊もできますが、今回は日帰りで。

始発で地元の駅から東京駅へ、そこから約1時間ちょい新幹線に揺られながら、下りた駅はもう雪山!
140201_0753~01

そしてどこにあるかわからないバス停を探しながら、やっときたと思ったらあまりの人の多さにバスが満員以上の状態に……。
結局ドライバーの方がホテル側へ連絡してもう一台のバスを呼んだわけで……。
しかも5分くらいさっむい外で待たされた……w

ホテルに着くと、まずはスキーセットのレンタル手続き。
ウェアと板、スキー靴を借り、全部で5~6千円くらいですかね、そんなもんで一日スキーを堪能できるなら、頻繁にいかない人なら安いかも?
ちなみにゴーグルなども貸し出していて、それは一つ500円。
ちょっとボッタっぽい値段設定ですよね……w

身も心も雪山装備になったところで早速スキー場へ!
ホテルと併設されているのですぐに滑り出せましたw
140201_1010~01

最初は初級者コースへ。
約20年振りのスキーなので一滑りで膝ががくがく、しかも痛めるという……。
さすがに最初から上手くは滑れませんでした……orz
数回流してるうちに感覚を覚え、負荷なく滑れるように!
そうなると面白いですよねー!w
140201_1328~02
リフトだって一人で乗れるもん!

ある程度滑れるようになったところで少し早めのお昼と休憩。
天気がすごくよく、むしろ店内で食べると暑そうだったので外の席へ。
滑っていると相当運動量があるようで、ウェアを脱いでみると体から湯気が!w
靴と下のウェアをまくりあげるとふくらはぎからつま先までもわもわと湯気!!w
もちろん寒いだろうと思って着こんできたタートルネックも汗でぐっしょぐしょ!!!w
そういえば小さい時は背中にタオルを仕込まれていて、それは汗吸い用だったんだな、といまさら理解しました……w
湯気でワイワイ騒いでいると注文の品が出来上がり、姉と私は味噌ラーメン、旦那はカツカレーをチョイス。
そしてここで感動が!
味噌ラーメンのチャーシューが、冷凍じゃないちゃんとしたチャーシューだった!!
カツカレーのカツが揚げたてサクサクだった!!
雪山の食事は絶対期待しちゃいけない味(つまり冷凍オンリー)だと思っていた、というか体験してきた私はとても感動したのです!!!
いやー、素晴らしい!!
と、興奮しながら三人はずるずるもぐもぐおいしく頂いて、ごちそうさま!
米どころ、水どころなので味は格別、さらにゲレンデで太陽の光を浴びながらの食事は最高でした!w

そういえばお店の近くにこいつがいました……w
140201_1044~01
どこいっても人気者だな……w

食事の後は中級者コースへ。
しかし、食事の時は最高だと感じた天気がコースへダイレクトに被害を与えていました……。
雪が解け始めていてじゃくじゃく、でも日陰のところはアイスバーン。
なんだこの二重苦は……。
おまけに太陽の乱反射で目がイタイ……。
まぁグラサンを用意してきたのでそこはまだよかったのですが、太陽が照っている+激しい運動=さらに汗だく という負の方程式が導き出され、私なんて腕まくり、ウェアのジッパー全開で風を切って滑っていましたw

だいぶ滑れるようになり、ハの字滑り卒業手前、というくらいで本日は終了。
ホテルの温泉に入れるということで、そちらにゆっくりつかることに。
風呂場自体そこまで大きくなく、ホテル利用客とスキー客でちょっとごったがえしていましたが、汗を洗い流しサッパリすることができたのはありがたかったです。

帰りの新幹線まで結構時間があったので越後湯沢駅を散策。
この駅とても広くて、駅の中のお土産屋さんがすごく充実してるんですよ。
あそこだけでも数時間は潰せるかもw
お土産を買って帰路へ、あまり遅くならずに家へ到着しました。

本当に久々のスキー。
子供の時よりもうまく滑れたような気がしますw
でももっとかっこよく、シャッシャッて滑れるようになりたいですねー!
また機会があったらいきたいなー!!
スポンサーサイト

  1. 旅行とかお出かけとか
  2. / trackback:0
  3. [ edit ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。